金融機関、特定事業者向けの本人確認業務を効率化する、2018年の改正反収法(犯罪収益移転防止法)施行規則に対応したeKYCシステムです。

ユーザー向けはアプリ形式で、誰でも使えるUIを実現しています。

iPhone/Android双方に対応しており、SDKもしくはアプリ形式での納品となります。

eKYCとは

「eKYC(electronic Know Your Customer)」とは2018 年 11 月の犯収法施行規則の改正により新たに認められたオンラインでの本人確認方法です。

例えば、従来は銀行や証券の口座を開設する際に、窓口か郵便物を利用して行う必要がありましたが、eKYCは誰でも場所や時間を選ばずにオンラインで簡単に手続きすることが可能です。

eKYC導入で期待できる効果

顧客離脱の最小化

「書類を2点用意できない」、「郵便を受け取れない」、「早く口座開設したい」顧客の離脱防止が期待できます

コスト削減

 簡易書留(320円〜)や事務にかかるコストの削減が期待できます。

 

AML/CFT強化

容貌確認が加わる分、耐偽造性が強い本人確認方法となります。

UnGate eKYCで、できること

改正犯収法施工規則6-1-1「ホ」に対応

・本人特定事項の取得

・顔写真付き本人確認書類

・本人の顔データの取得

・ライブネスチェック

・本人確認書類の真贋判定


・ICチップ読取情報での高度な文字認識

(在留カード)

・本人確認書類の真贋判定


・本人特定事項と本人確認書類の確認


UnGate eKYCの特長

実績豊富なエンジン

UnGate eKYCは三井住友フィナンシャルグループ子会社Polarify様の顔認証エンジンを採用しています。

メガバンクを始めとした大手が採用する実績あるシステムを導入いただけます。

 

シンプルなUI/UX

誰でも直感的に操作可能なUI/UXを目指しています。

ライブネスチェックが「まばたき」というシングルというのも大きな特長です。

スマートフォンの操作に慣れていないお客様の離脱防止が期待できます

易しい課金形態

リーズナブルな価格でSDKやOEMを導入いただけます。

月額固定費なし・従量課金制の使った分だけのお支払いとなりますので、なるべく早く導入したいが、無駄な出費を防げるプランとなっています。

 

eKYCの流れ

UnGate eKYCの導入方法

お客様の状況に合わせた導入方法を選択いただけます

SDKでの導入

お客様のアプリに組み込むことで、簡単にeKYCを実装できます。

OEMでの導入

eKYCを組み込んだ口座開設アプリを自社ブランドとしてご利用いただけます。

・会員登録+本人認証、お客様情報の変更・受取人追加の機能を備えたシンプルな仕様

・対応言語:日本語、英語、ベトナム語、インドネシア語(追加可能)

Contact Us

タグ: , ,