株式会社UnGate(本社:東京都新宿区、代表取締役:森浦 誉之 以下、UnGate)は、オンライン本人確認サービスUnGate eKYCにおいて、身分証明書(在留カード・運転免許証・マイナンバーカード)のICチップ読取に対応しました。

身分証明書のICチップをスマートフォンで読み取り、身分証明書が真正なものであることを確認するとともに、ICチップ内に格納された情報を取得・連携します。

ICチップ読取による本人確認(犯収法施行規則第六条一項1号「へ」)により、身分証明書の真正性確認の精度向上やUX向上、業務効率化を実現します。

UnGate eKYCとは

UnGate eKYCは専用のライブラリを、スマホアプリに組み込んで利用することで、オンラインでの本人確認を実現することができるサービスです。

eKYC(オンライン本人確認)とは、犯罪収益移転防止法 施行規則の改正(2018年11月)により可能となった本人確認手法です。

あらゆるサービスの非対面化やデジタル化が進む中、利便性が高く有効な本人確認手法であるとして金融サービスを中心に広がっています。

在留カードのICチップ読取に対応した背景(在留外国人に着目)

UnGateは在留外国人向けにサービス提供している事業者様にフォーカスしサービス提供を行って参りました。

「在留外国人向け」ならではの課題として、

①偽造の在留カードが流通している
②在留カードの特性による顧客取りこぼしがある
③外国籍の顧客への対応が負担が大きい

といったことが挙げられますが、これらを解決する手段としてICチップ読取が有効です。
導入することによって得られる具体的なメリットは以下の通りです。

メリット①偽造在留カードの検知

在留外国人を取り巻く問題として、不法滞在と不法就労が挙げられます。
本来であれば、在留カードで在留資格や在留期限・就労制限の有無等を確認することができますが、実態としては不法滞在者や不法就労者による偽造の在留カード利用が拡散しているのが現状です。

本人確認の際にICチップから読み取ったデータによる真正性の検証を行うことで、目視確認よりも確実に在留カードの真正性の確認を行うことができます。

メリット②顧客取りこぼしの防止

在留カードは、偽造防止のホログラムが反射したり、印字や写真が摩擦等で欠損しやすいつくりである等、券面情報の取得が難しいケースがあります。その場合は、手続きのやり直しや追加書類提出等の煩わしい手続きが顧客側に発生する為、顧客離脱することがあるのです。

一方で、ICチップ読取の場合は、鮮明な顔写真と券面の画像情報を確実に取得することが可能である為、顧客離脱のリスクを軽減することができます。

また、従来のフローは身分証明書の(表・裏・厚み)を撮影することが必要でしたが、ICチップから必要情報を取得することができる為、ユーザーフローを簡便化することができ、UX向上による離脱率の低下が期待できます。

▼ICチップ読取による本人確認フロー(在留カードの場合)

メリット③業務効率化

ICチップ読取により、券面情報をテキストで抽出することができる為、入力業務を効率化することが可能です。
在留カードの特性上 、撮影した券面画像のOCR処理は精度が良くありませんでしたが、ICチップ読取により鮮明な券面の画像情報(ICチップ内にはテキストではなく画像情報が格納されている)を取得できる為、精度の高いOCR処理が可能となりました。(運転免許証とマイナンバーカードはICチップ内にテキスト情報が格納されている為、OCR処理は不要)

また、身分証明書の真正性の確認に関しても、従来の目視確認(身分証明書の厚み)を省くことで業務効率化が期待できます。

UnGate概要

社名 株式会社UnGate
住所 東京都新宿区百人町2丁目11番23号
設立 2019年4月2日
代表取締役 森浦 誉之
事業内容 Fintechソリューション事業
H P https://www.ungate.co.jp/

株式会社UnGateは、「時代の少しだけ先を行くFintechソリューションパッケージ」の提供を目指して、2019年に創業したFintechベンチャー企業です。
主に、在留外国人向け金融サービスに重点を置いたFintechソリューションの提案を行っています。

▼UnGate eKYC
https://www.ungate.co.jp/service/ekyc